掃除の手抜きができるインテリア

掃除の手抜きをする人にはお勧めのインテリアです。

料理をしなかったら食事が出来ませんし、洗濯を怠ると着るものがなくなってしまいます。でも掃除を少し手抜きしても生きていくうえでそれほど困らないですよね。
でも、快適で健康的な生活をするために掃除は大切なのですがね。

でもホコリが溜まらないインテリアってあるのです。床と隙間の出来ないインテリアを選んでください。
床に接するところに隙間があるとそこからホコリが入って行きますが、床面と隙間がなければ絶対にホコリが家具の下に入る込むことがありません。

洗面所や浴室で細々としたものを置いておくと、掃除をするときに移動させなければなりませんので、つい億劫になって掃除をしなくなってしまいます。
そこで、ラックなどを使って、平面には何も置かないようにしましょう。
キッチンでも同様で、細々したものを置かないようにしてください。

汚れが目立たない色もあります。
木目調の家具は落ち着きがあって癒しの効果もありますが、とてもホコリが目立ちます。そこで、天板部分にはホコリが目立たないマットを敷いてください。
かなり掃除の手抜きにはなります。

汚れることが分かっている場所では、小さなマットを敷くことも有効です。ランチマットのようなサイズのものの上に汚れれやすいものを置いて、マットが汚れたら洗濯をすることで綺麗になりますし、次第にくたびれてきたら、新しいものと交換すのも掃除の手間を省く一つの方法です。

インテリアを探すときに掃除の手抜きが出来ることも念頭に置くのも大切なのではないでしょうか。

| 掃除

洗面所の鏡はとくに綺麗に磨きましょう

洗面所は朝起きたときに洗顔したり、歯を磨いたりすると同時に、鏡に向かって自分の顔を確認する場所であり、1日のスタートとなる場所です。
また、一日の終わりに女性が化粧を落としたり、歯を磨いたりして、1日の終わりを締めくくる場所です。
食前の手洗い、食後の歯磨き、外出先から帰ってきたときにうがいをしたり、手洗いもする場所であります。
これらを家族全員が行うのですから、水はね、石鹸の泡、歯磨き粉や化粧品の飛び散りはあなたが想像している以上にあります。

目では汚れているように見えなくても、ほうっておくと頑固な汚れになったり、カビ発生の原因になってしまいます。

そこで、拭き取り用のミニタオルを用意しておいて、洗面所を使ったらすぐに拭き取るようにしましょう。
最初はおっくうだと思われるかもしれませんが、習慣になれば苦痛はありませんし、大掃除がとても楽になると思えばとても簡単にできます。

とくに鏡はピカピカにしておきましょう。
鏡を綺麗に磨くコツとしては洗剤を使うのではなく、アクリル100%の毛糸で編んだ雑巾で磨くとピカピカになります。
洗剤を使っていませんので、2度拭きの必要もなく経済的です。
鏡が綺麗ですと他の場所も自然に綺麗に感じるものです。反対に鏡が汚いと部屋全体、あるいは家全体が汚れているように感じてしまいますからね。

見えない部分としては排水溝があります。髪の毛やゴミがたまっていると臭いの原因にもなってしまいますので、1日に1回は確認をしていつも綺麗にしておいてください。
| 掃除

お風呂掃除の強い味方 万能スポンジ

お風呂は体を綺麗にしてくれて、心身ともに癒しの場所であってくれるのですが、実は家の中で一番傷みやすい場所なのです。
湿気がこもり、温度変化が激しく、毎日家族が休みなく使うからです。

このお風呂の汚れは「モノの数に比例する」と言われます。
お風呂には風呂イス、洗面器浴用タオル、スポンジ、垢すり、石けん、シャンプー、リンス、コンディショナー、ボディシャンプー、シェービングフォーム、髭剃り、軽石、掃除道具や子供のおもちゃなど置かれているのではないでしょうか。

狭い場所にゴチャゴチャと置いてあると当然掃除が行き届きませんし、アチコチにカビや殺菌が繁殖しいぇいるのです。
そこで、一番先に綺麗にして欲しいのは掃除道具です。掃除道具が汚いと雑菌を撒き散らす結果になってしまいますからね。

お風呂を一番清潔に保つには方法は出来るだけ掃除の回数を増やすことです。
ただし、見えるところだけを掃除していないで、普段はあまり気にしないあるいは汚れを見つけても「見ていないフリをする場所」も定期的に掃除してください。

具体的には、床と壁のつなぎ目、ドアの下枠、風呂のフタ、排水口、シャワーヘッドなどになってきます。
でも、汚れをゴシゴシ洗うのって大変ですよね。でも大丈夫です。
世の中には次から次へと便利なものが提供されています。買い物の予定がないくてもたまにはホームセンターへ行かれて掃除道具のコーナーを覗いてみてください。
沢山の便利なものがありますから。

今回はその中でも「万能スポンジ」を紹介します。「水あか」「黄ばみ」「油汚れ」を綺麗にするのがとくに得意で、家庭の中だけでなく自動車の掃除にも使うことができる優れものです。

水栓や蛇口は万能スポンジに水をつけてさっとひと拭きするだけでピカピカになります。キッチンやトイレのような水を使う場所でも重宝します。
値段もとてもリーズナブルですから、ぜひ一家に一個備えておいてください。
| 掃除

こまめに掃除することが秘訣!キッチンの掃除

美味しい料理を作るためのキッチンですが、ここが雑然としていると料理が楽しいとは思えなくなってきます。

特に油が飛び散ってコンロ回りや床が汚れていると手や足までは一緒に汚れてしまいます。最悪の場合は滑って転び大怪我をする可能性さえでてきます。

そこで、飛び散った油は余熱が残っているうちに拭き取るのが一番です。シンクも同じように食器を洗ったあとすぐに拭くだけでOKで、洗剤を使う必要はありません。
シンクやステンレス部分を掃除するときに使う洗剤は表面を傷つけることがないような、クリームクレンザーなどを使うようにしてください。

キッチンの掃除で意外と抜かっているのが水栓です。料理や後片付けをするときに汚れた手で水栓を知らないうちに触っています。
毎日拭いていても水垢で次第に汚れてきますので、洗剤と使って使い古し歯ブラシで磨くととても綺麗になります。
特に水栓の根元はしっかりと洗ってください。
ハンドシャワーを使っている場合には、蛇腹部分もしっかりと歯ブラシで磨きましょう。
また、使い古したストッキングで磨くと効果があります。

汚れがひどい場合には、洗剤をつけてゴシゴシと力任せに磨いてもなかなか綺麗になりません。それよりも、傷つけてしまう場合もあります。
そこで、ぬるま湯に漬け置きしておいてから、優しく磨いてあげてください。

キッチンを綺麗にするには、なんと言っても整理整頓が大切です。雑然としているとどうしても日々の掃除がおろそかになり、風通しが悪く、カビが生えたり、頑固な汚れになってしまったりします。

出来るだけ必要のないものは捨てるようにしましょう。これは、キッチンだけでなく、すべての部屋で共通していることです。

その日の汚れは出来るだけその日のうちにサッと一拭きしておき、どうしても残ってしまっている汚れは定期的に掃除をするようにすると、見違えるようになってきます。
| 掃除

金運が舞い込む?トイレの掃除

遊び心のあるインテリアを飾るときに、一つのインテリアがいくら素敵なものであっても、置く場所が雑然としていたのではその素晴らしさが減ってしまいます。

そこで、掃除と整理整頓のコツを覚えてください。

まずは、金運の神様がやってきて思わぬ臨時収入が入ってきたりするトイレの掃除から始めてみませんか。
トイレは恐らく家の中で一番狭い場所でしょうから、一番掃除に時間がかからないからです。

トイレ掃除が十分でないと、どうしても臭いの元になってしまいます。

1、男性が立ったままで小用をして、便器の回りに飛び散っている。
2、便座の裏側が汚れている
3、便座カバーが汚れている
4、便器のフタに汚れがついている

などが挙げられますが、眼で見ただけでは汚れているようではなくても、意外と汚れています。
そこで、トイレ用の中性洗剤と吸水性の高い雑巾を準備してください。

1、濡れて困るようなタオル、トイレットペーパー、便座カバーやトイレマットなどを外に出します。
2、腰の高さから下へトイレ用中性洗剤を噴霧します。尿は床だけに飛び散っているのではなく、壁にもかかっているはずです。
3、壁、床、便器を雑巾で拭きます。
4、最後にトイレットホルダー、タオルホルダートイレや出きり口のドアを掃除します。

以上で終了です。時間的には10分から15分程度で終わるはずです。理想的には毎日掃除をすることが望ましいですが、最初は月1回から始めて、週1回、2日に1回と増やしていって、家の中で一番掃除をしているところがトイレだと堂々といえるほどになってみてください。

ひょっとすると、金運の神様がご褒美を運んでくれるかもしれまん。

| 掃除
記事を読まれて少しでも役立ったと思われた方はクリックしていただけると嬉しいです。⇒人気ブログランキングへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。