言葉による統一感を考えながらインテリアを選ぶ

遊び心のあるインテリを取り入れて出来るだけ暮らしを楽しいものにしたいと考えていますが、一番大切なことは統一感ではないでしょうか。

一気に家具を揃えることが出来るほどのお金があれば、ド〜ンっと揃えればいいですが、実際には最初は必要最低限からそろえて、必要性や好みによって次第に増やしていくのが一般的ではないでしょうか。

そのときに、一番気をつけて欲しいのが色です。一番簡単なのは白や黒であれば、中間の色というのがあまりありませんので、お勧めですね。
でも、部屋のインテリアがすべて黒であった場合には、かなり落ち着きのある空間になるというのか、ちょっと重たい感じもしますので注意が必要になってきます。

その点、白はどのような色とも調和を取りやすいので、比較的無難ではないでしょうか。
というのは、どうしても市販されている容器やケースのまま部屋に置く場合が多いですよね。書籍や雑誌もそうですね。
ブックカバーを付ける人もいるでしょうが、すべての本や雑誌にブックカバーを付けてはいないはずです。
書棚に飾ったときには背表紙が見えるように置いていると思われます。扉のある書棚を使えば問題ありませんが、どうしても値段が高くなってきます。

個人的な希望ですが、出来るだけ白を基調として、遊び心のあるインテリアを付加してください。
この白といっても、エナメル系の白もあれば、つや消しをしたような白もあります。
このツヤを意識して揃えるようにしましょう。

次に困るのがいくら白で統一しようと思っていても、インテリアによっては白が販売されていないものもあります。
このときには、言葉で統一感が出るかどうかをチェックしてみてください。

白は無色透明とか純などの言葉のイメージが湧いてくると思います。買い足すインテリアは無職透明とか純の言葉に似合うものを探せばよいことになります。
たとえば透明なガラスもその一つではないでしょうか。

部屋に花瓶を置きたいと思ったときに、白い色のものにするか、ガラスにするかはあなたの美意識次第でしょうね。
他人に見せることの少ない部屋に飾るのであれば何の問題ありませんので、あなたの好みで決めましょう。

そのようなことを繰り返しているだけで、次第にインテリアに強くなって、遊び心のあるインテリアを意識しながら暮らしていると必ず進歩していくはずです。
記事を読まれて少しでも役立ったと思われた方はクリックしていただけると嬉しいです。⇒人気ブログランキングへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。